よさこいの歴史

よさこいの誕生


高知のよさこい祭りは毎年8月9日(前夜祭)10日、11日(本番2日)、12日(後夜祭・全国大会)の4日間、高知市内9カ 所の競演場・7ヶ所の演舞場で約200チーム、約18,000人の鳴子を持った踊り子が工夫を凝らし、地方車(じかたしゃ)には華やかな飾り付けをして市内を乱舞する土佐のカーニバルです。


この祭りは、戦後の全国的な不況の中、市民の健康と繁栄を祈願し、また商店街の振興を促すため、昭和29年(1954年)8月高知商工会議所が中心となり発足しました。
第1回の参加人数は750人、参加団体は21団体。その後、第30回にはついに踊り子人数1万人を突破しました。


また、平成4年(1992年)には、よさこい祭りに魅せられた北海道の学生が、「YOSAKOIソーラン祭り」を開催。それが、全国に波紋を投げかけ、日本各地で次々とよさこい祭りが催されるようになりました。


今日では、日本国内で200カ所以上、海外19以上の国や地域でよさこいが披露されるなど、大きな広がりを見せています。

 

FACEBOOK

高知県 観光振興部 国際観光課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎5階)
電話: 088-823-9608
ファックス: 088-823-9256
メール: 020701@ken.pref.kochi.lg.jp